生理痛 生理前 イライラ 改善 

薬も効かずイライラが酷い。ただじっとお腹を押さえることしか出来ず辛い

 

生理前になると本当に些細なことでイライラしたり悲しくなったりと感情の起伏が激しくなってしまい、周りの人にとても迷惑をかけてしまうし、その後自分で自己嫌悪に陥ったりしてしまいます。また、体調面では生理前はいつもよりも食欲が増し、体重が普段よりも1.2キロ増えることもあります。普段よりも頭痛も酷いし、食欲はあるのに気持ち悪くて吐き気がするという悪阻のような困った症状も出ます。生理中は生理前と同じで食欲もあり、普段よりも頭痛が酷いということもあるのですが、それに加えて生理時の出血による貧血や立ちくらみなども加わります。経血の量も割と多いし、腹痛がとても酷いので生理前から生理中にかけて普段普通に出来ていることが苦になったり、外出するのもおっくうになって何もしたくなくなってしまいます。PMSに効く薬を飲めば良いのですが、私の場合はあまり薬も効かないので、痛みが激しい時はただじっとお腹を押さえて休んでいるしかないのが辛いです。

 

 

生理痛はとても辛いですが、生理は、赤ちゃんを授かるためには大切なものですよね。
将来赤ちゃんを授かり、出産し、母乳育児を行うことになった場合、様々な悩みが出てくると思います。
母乳のトラブルについての参考サイトを確認しながら、対処法などを知っておくことをおすすめします。

 

母乳のトラブルと同じくらい悩んでいる方が多いのが、妊娠中の腰痛についてです。
妊娠中の腰痛にモットンが良い!と言われているのは本当なのか、チェックしてみてくださいね。

 

私の場合は薬ではなく、こんな方法で対応しています!

 

生理前にイライラしたり感情的になるのはいつものパターンなので自分の中でそういうものだと納得して感情をあまり爆発させないように気を付けています。生理周期が大体決まっており、生理が来ている期間をスケジュール帳に丸印などの印を付けているので次は何日から生理が来るかとか、自分の体調が悪くなりそうな時期などの目安になるので大事な予定と重なるときは特に気を付けるようにしました。生理中はとにかく体を冷やさないように気を付けています。家に居る時でも裸足ではなく靴下を履いたり、いつもより一枚多く着込む等の対処をしています。また、生理中の入浴は昔は控えていたのですが子どもと一緒にお風呂に入らなければならない時などはタンポンを使ってお風呂に入るようにしています。湯船につかった方がシャワーだけで済ませるよりも体もお腹も温まるので生理痛が緩和されてとても楽になります。痛みがあまり酷い時は無理をせず、周囲の人に家事など協力してもらっています。

一緒に読みたい記事♪